内科ってどんな病気を診てくれるの?知っておきたい内科の知識!

内科ってどんなところ?

内科とは、一般的に手術以外の方法で診療や研究を行う医学の一分野であり、医学において基礎中心といえる領域のことです。したがって、各地域で開業されている内科の医院というのは、身体の臓器を対象に手術以外の方法で診察してもらえるところなのです。ですから、「身体の調子がおかしい」と思った時、どこがおかしいかわからなくても内科の診察を受けることで、異常のある臓器を見つけてもらい、より細かな知識が必要であればさらに専門性の高い内科に、手術が必要であれば外科に割り振るなどの役割も果たしています。近年、総合病院では総合病院でしか治療できない重病の患者さんを中心に確かな診療を行えるように、紹介状の無い初回診察を受けないようにしているところがあります。このことから、各地域の内科の医院が果たす役割が重要になっています。

内科ではどんな治療ができるの?

内科と一言でいってもその内容は奥深く、大学病院などの総合病院になるとさらに細かな専門分野に別れています。各専門内科での治療は主に薬物治療で、中には内視鏡を使って直接患部に薬物を塗布するなど機械の進化によってより効果的薬物治療ができるようになっています。また、循環器内科では内科でありながらカテーテル手術(太い血管からカテーテルを挿入し、動脈硬化などにより細くなったり詰まったりした血管を広げる手術)も行っており、内科治療の範囲も広がってきています。さらに、薬物の進化により身体への負担が大きい手術をすること無く治療ができるようになったり、薬物治療により手術による身体への負担を小さくすることができたりと、内科治療の可能性は未知数だと言ってもいいでしょう。

三鷹の内科は分かりやすい説明をしてくれます。なぜなら、学生が多いという土地柄なので、年齢層が低めだからです。