歯並びが気になる場合には目立たない方法で矯正をするのが一番

インビザラインなら外見を気にすること無く矯正できる

歯列矯正の方法として金具を使った方法がメインとなっていますが、それ以外にも矯正する方法はあります。インビザラインというマウスピースを使った方法で矯正をすると、矯正器具が目立たないので外見を損なうこと無く矯正が行えます。インビザラインのマウスピースは歯に固定するタイプではなく、食事の時などに取り外しができるので、矯正期間中にストレスを感じることもなくなります。もちろん矯正器具をつけたまま会話することもできますので、会話の際にいちいち取り外す面倒さはありません。インビザラインの矯正にあたっては何度もマウスピースを作るために歯医者に通う必要がありますが、歯医者に通う時間を捻出出来る方ならば最も適している矯正方法になることでしょう。インビザラインはすべての歯医者で行っているわけでなく、矯正歯科によっては出来ない場合もありますから、インビザラインの矯正治療をする場合には、なるべくインビザライン専門の歯医者に行くようにしましょう。

インビザラインが使えない例とは

インビザラインはマウスピースによる矯正のため出来ない例がいくつかあります。歯が2重に生えているような場合や著しく歯並びが悪い場合には適用できません。適用できるかどうかは歯科医師の判断にもよりますが、必ず事前に検査を行うので出来るか否かは歯医者に行けばわかります。そこまで歯並びが悪くない方や、少しだけ歯列矯正をすれば綺麗な歯並びになる方は、インビザラインを使うことで効果的な矯正が可能です。

口元に関する悩みがあるなら、三鷹の矯正歯科で相談しましょう。平日の夜間や週末に開業している矯正歯科もありますから、仕事で忙しい方も通えます。