肥満外来で健康保険は適用されるのはどんな時?

肥満の程度によっては保険が適用される!

肥満外来においては、「BMI35以上の高度肥満」「健康診断で高度肥満と診断され、さらに高血圧や糖尿病の指摘を受けた人」「肥満による睡眠時無呼吸症候群の疑いや関節痛・腰痛がある人」など、肥満のために健康を害している場合に、保険が適用される可能性が高くなります。高度肥満の人は今までも、健康診断のたびにダイエットに挑戦したり、周囲の人から痩せるように言われたりしてきたと思います。それでもなかなか改善しなかったのは、ダイエット法が間違っていたり、続かないものだったりしたからだと思います。その点医師の指導の下で行うダイエットであれば、正しい知識に基づいて行えるため、成功する確率が高くなります。ただし、保険適用については、病院により取り扱いが異なるので、事前に確認してくださいね。

美容目的では保険は適用されない?

残念ながら美容目的の場合は保険は適用されません。ですから美容目的でダイエットしたい場合は、エステサロン等も含めて、どの施設を利用するのが自分に向いているのか検討した方が良いでしょう。では、肥満外来を利用すると良いのはどんな人かと言うと、根本的に生活習慣を見直して体質改善したい人、間違ったダイエットによりリバウンドを繰り返してきた人などが該当します。と言うのも、多くの肥満外来では生活習慣を改善するカウンセリングをしてくれるからです。普段の食事や運動、睡眠などを改善することで、ダイエットのみならず、健康的な生活を手に入れられるため、トータルでサポートしてもらいたい人には肥満外来が向いていると言えるでしょう。

肥満外来とは医師や専門家の指導により個人に合わせた治療が行われる肥満を専門に扱う医療機関のことを言います。