わきがになりやすい食生活!?鼻につくにおいの原因と改善方法

わきがの独特なにおいが生じるメカニズム

汗腺にはアポクリン腺とエクリン腺があります。わきがの原因となる汗はアポクリン腺から出ますが、この汗自体は無臭です。ではなぜあの独特なにおいが発生してしまうのでしょうか。実はアポクリン腺から出る汗には脂質やタンパク質、糖質、アンモニアなどが含まれており、これらの成分が皮膚表面に存在する常在菌により分解されることで鼻につくにおいが生じてしまうのです。そしてエクリン腺から出る汗が蒸発する時にアポクリン腺から出る汗のにおいが拡散されてしまいます。

食の欧米化によるわきがの増加

アポクリン腺の数は遺伝で決まり、生まれてから変わることはありません。わきが体質の人はアポクリン腺の数が多いですが、必ずしもわきがになるわけではありません。わきがになるかどうかはアポクリン腺の数ではなく、アポクリン腺の働きが活発かどうかで決まるのです。肉類など高カロリーで高脂質の食べ物はアポクリン腺や皮脂腺の働きを活発にし、わきがの原因となります。つまり食の欧米化によりわきがの人が増えていると言えます。一方穀物や野菜、魚など和食でよく使われる食材にはわきが改善に効果があるとされるビタミンやポリフェノールが含まれています。わきがを改善したいなら食事に気をつけてみると良いでしょう。

普段からできるわきが対策

わきがのにおいを抑えるためには脇を綺麗にしておくことが大切です。脇毛を剃り、重曹を含む石鹸やミョウバン石鹸で脇を優しく洗いましょう。他にもわきがのにおいが生じる前に脇の汗を拭き取る、わきがのにおいがつきにくいナイロンやポリエステルの服を着るなどちょっとしたことを気にかけるだけでもにおいを抑えられます。

わきがの治療が行えるクリニックでは、外科治療や投薬治療など、様々な治療法が用意されていることが特徴です。